2016年2月6日(土):伏見稲荷の初午大祭

sponsored link

2月6日は2016年の初めての午の日で、伏見稲荷で初午大祭が行われます。

平安時代から、熊野詣の行き帰りに伏見稲荷に詣でて、「しるしの杉」を参詣記念に持ち帰ったそうです。

現在では、「しるしの杉」をいただけるのは、この初午大祭の日だけです。

伏見稲荷公式サイト

rite_m02_h02

2月初午の日 8:00〜

稲荷大神が稲荷山の三ヶ峰に初めてご鎮座になった和銅4年2月の初午の日をしのび、大神の広大無辺なるご神威を仰ぎ奉るお祭で、2日前の辰の日に稲荷山の杉と椎の枝で作った“青山飾り”をご本殿以下摂末社に飾りこの日を迎える習わしがあります。
初午詣は、福詣とも呼ばれ、前日の巳の日から、ご社頭は参詣者で埋まり、京洛初春第一の祭事とされています。
また社頭で参拝者に授与されている「しるしの杉」は商売繁盛・家内安全の御符(しるし)として、古くから拝受する風習が盛んです。

sponsored link