2018年(平成30年)京都の秋の特別御朱印

sponsored link

京都の秋は紅葉の進捗に合わせて毎年11月後半がピークとなります。

特に11月23日の勤労感謝の日前後が混雑の頂点となりますが、今年は11月23日が金曜日。

つまり3連休になるので紅葉の名所では混雑が予想されます。

しかし、実際は紅葉は12月頭まで楽しめるので、3連休後におでかけするという手もあります。

でも、期間限定の御朱印となると自分の都合に合わせてという訳にもいきませんね。

十輪寺(なりひら寺)の特別御朱印

十輪寺というよりなりひら寺としての方が有名かもしれません。

十輪寺(じゅうりんじ)は、京都市西京区大原野小塩町にある天台宗の寺院。山号は小塩山(おしおざん)。本尊は延命地蔵菩薩。京都洛西観音霊場第三番札所。座標: 北緯34度56分39.8秒 東経135度39分25.9秒
平安初期の歌人で六歌仙のひとり在原業平が、晩年この寺に隠棲したと伝えられ「業平寺(なりひらでら)」とも称され、また、中庭に植えられている樹齢約200年の枝垂れ桜(通称:なりひら桜)でも知られる。
中庭は三つの見方「立って見る」「座って見る」「寝て見る」で、感じ方が変わることから「三方普感の庭」と呼ばれる。
境内裏山に、在原業平のお墓とされる「宝篋印塔」があり、また在原業平が築き、塩焼きの風情を楽しんだと云わる塩竈(しおがま)跡がある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

11月23日の十輪寺「塩竈清めの祭」にあたり特別御朱印の授与が始まっています。

画像出典:十輪寺(なりひら寺)のオフィシャルブログ

塩竈清めの祭

十輪寺「塩竈清めの祭」:11月23日午後1時半より

十輪寺「塩竈清めの祭」について、詳しくはこちらの外部サイトへ

塩竈清祭2018・十輪寺 | 京都観光

京都観光Navi:塩竈清祭

十輪寺公式サイト・関連サイト

十輪寺については現在公式サイトのようなものはありませんが以下に本記事に関する記載があります。

十輪寺 (京都市) – Wikipedia

十輪寺のオフィシャルブログ

三鈷寺の特別御朱印

三鈷寺は、ちょっと行くのに大変ですが、眺めは素晴らしいものがあります。

三鈷寺とは

三鈷寺(さんこじ)は、京都市西京区大原野石作町の、鴨瀬山(かもせやま)中腹にある西山宗の寺院。
本尊は如法仏眼曼荼羅。往生院本山とも称される。
京都洛西観音霊場第5番札所。西山国師遺跡霊場第12番。
寺名は背後の山が仏器の三鈷に似ているからとされる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

三鈷寺の御朱印は「十一面観世音」ですが、他に御詠歌と西山国師十六霊場としての「華䑓廟」があります。

三鈷寺の秋の特別御朱印

紅葉と銀杏の意匠で切り絵を貼ったものです。

台紙の色と字体の種類の組み合わせにより合計12種類!

画像出典:三鈷寺オフィシャルブログ

画像出典:三鈷寺オフィシャルブログ

 

三鈷寺公式サイト・関連サイト

三鈷寺については現在公式サイトのようなものはありませんが以下に本記事に関する記載があります。

三鈷寺 – Wikipedia

三鈷寺オフィシャルブログ

sponsored link