2016年2月25日(木):北野天満宮 天神市・梅花祭

sponsored link

25日は毎月恒例の北野天満宮の天神市です。

ただ2月25日は、菅原道真公の命日ということであり、北野天満宮にとっては特別な日でもあります。梅花祭と野点も催されています。

梅花祭と梅花祭野点大茶湯(ばいかさいとばいかさいのだておおちゃのゆ)

菅原道真公の祥月命日に行われる祭典で、約900年の歴史があります。お米を蒸して大小2つの台に盛った「大飯」「小飯」や白梅・紅梅の小枝を挿した「紙 立(こうだて)」という特殊な神饌を供え、道真公のご遺徳をしのびます。授与所では「紙立」に用いた玄米を「厄除玄米」として授与しています。
また、この日、三光門前広場では「梅花祭野点大茶湯」を催します。豊臣秀吉公が当宮で北野大茶湯を催した故事にちなみ、道真公の薨去(こうきょ)後 1050年の大萬燈祭にあたる昭和27年から始まった行事です。上七軒の芸妓さんたちの奉仕により、梅の盛りを迎えた境内で華やかな野点を楽しんでいただ けます。

梅花祭 祭典

梅花祭 祭典

梅花祭 お供え

梅花祭 お供え

野点大茶湯

北野天満宮公式ホームページ

毎月25日は「天神さんの日」で知られる当宮のご縁日。菅原道真公の御誕生日である6月25日と薨去(こうきょ)された2月25日に由来しています。参道には6時頃~21時頃まで露天が所狭しと立ち並び、日没から境内のライトアップも。

毎 月25日の当宮のご縁日の中でも、特に賑わうのが1月25日の初天神と12月25日の終い天神です。例月より多い約1000軒の露店が立ち、人出は約15 万人に及びます。初天神は入試を直前に控えた受験生や父兄の参拝も多く、合格祈祷を受けたり、絵馬に願い事を託す真摯な姿に、学問の神さまである当宮への 篤い信仰を如実にみることができます。

sponsored link