皇室関連施設と京都迎賓館の一般公開拡大

sponsored link

意外と報道されずにいるのですが、京都観光にとってはビックニュースです。

いままで限定公開だった皇室関連施設と、ほぼ非公開だった京都迎賓館の一般公開が拡大されます。

皇室関連施設:京都御所(京都市上京区)、仙洞御所(上京区)、桂離宮(西京区)、修学院離宮(左京区)

京都迎賓館:京都御所(京都市上京区)のある京都御苑内

詳細は明確になっていませんので、後日改めてご紹介します。

ただ2016年のG.W.(4月28日~5月9日)に京都市内に滞在可能な方は、是非この機会に京都迎賓館を見せて頂きましょう。(残念ながらご朱印はありません)

京都御所

今まで:見学には事前申し込みが必要。(春と秋の一般公開を除く)

これから:予約不要で通年公開。

ただし現時点では宮内庁の公式サイトに詳細は掲載されていません

宮内庁参観案内:京都御所

仙洞御所、桂離宮、修学院離宮

今まで:見学には事前申し込みが必要。

これから:当日予約対応し、通年公開を計画中。(公開拡大するが、詳細は未定)

京都迎賓館

今まで:年1回のみ夏に一般公開 (10日間限定)

これから:今年のゴールデンウイークに試験公開。7月下旬から一般公開を計画中。

 

試験公開の内容

4月28日~5月9日:午前10時~午後5時

4月28日~5月3日:定員1,500人まで

5月4日~9日:定員2,000人まで

申し込み不要ですが、先着順に入館時間帯を指定した整理券が配布されます。

なお、現在更新中なのか宮内庁の京都迎賓館公式ページがアクセスできません。

京都迎賓館の参観について

sponsored link