2016年(平成28年)大覚寺観月の夕べ 舟で月をめでるには(日程と時間)

sponsored link

いよいよ京都も秋

秋を感じるには、大覚寺の観月が一番ですね。

毎年ニュースでも取り上げられますが、あの大沢の池に浮かべる観月の舟には誰でも乗ることが出来ます。

しかも予約とか前売りなどはありませんので、本人次第(当日遅くも3時には舟券売り場で並ぶ)なのです。

大覚寺の公式案内

「観月の夕べ」

嵯峨天皇が大沢池にて、中秋の名月に舟を浮かべ、文化人・貴族の方々と遊ばれたことから始まった「観月の夕べ」。空を見上げれば煌々と、目を落とせば静かな水面に映る月。この2つの月が見られる稀有な時間、ぜひご堪能ください。

日時: 平成28年9月15日(木・中秋)~9月17日(土)

※観月の夕べにお越しの際は、できるだけ公共交通期間をご利用ください。

舟にのるには

平成28年度 観月の夕べ 舟券の販売について

  • 当日、勅使門前舟券売場にて販売致します。
  • 1枚1000円(お抹茶とお菓子はございません)にて販売致します。※お一人様4枚まで購入できます。
  • 寺内拝観券は別途有料となります。
  • 午後3時ごろを目安に販売を開始する予定です。※状況により変更する可能性もございます。
  • 17時台、18時台、19時台、20時台から選べます。
  • 当日販売分が無くなり次第、終了致します。

※乗船時間になりましたら、舟乗り場にお並びいただき、順次乗船となります。 同じ券をお持ちの方が一斉に並ばれますので、乗船時間に乗船できるわけではございません。
※事前予約は一切受け付けておりません。
※販売開始時間より前に、整理券にて対応させていただく場合がございます。
※天候等により予定の時間が前後する場合や運行中止となる場合がございます。

sponsored link