三十三間堂の御朱印帖

sponsored link

三十三間堂の御朱印帖は1冊1,000円で販売されていますが、表には「納証帖」と書かれています。

ところで、この御朱印帖には千手観音が印刷されていますが、よく見てみると2本の手が頭の上に掲げられています。

33-2

これは清水寺の千手観音(清水式といわれる珍しい千手観音)のように見えます。

もちろん三十三間堂のご本尊の座像の十一面千手観音も、両側に立ち並ぶ千体の立像の十一面千手観音の42本の手で頭上に掲げられているものはありません。

ところで...

現在2016年の10月ですが、三十三間堂は補修・拡張工事をしています。

三十三間堂に参拝に行くと下駄箱で靴を脱いで入りますが、今は靴入れのビニル袋をいただき、靴をそこに入れ本堂横からすぐ入るようになっています。

今までは本堂脇の廊下から回り込んで千体の千手観音を目にして驚きと感動を得る演出がなされていましたが、現状の仮設通路では行く手に千手観音が立ち並ぶ様子が遠くから垣間見れるので、いささか物足りない感じです。

33-1

なお、この工事は2017年の新年行事(楊枝のお加持大法要、通し矢(大的大会))までには完了したいそうです。

sponsored link