2016年の秋の東福寺。行くなら12月12日(月)以降?

sponsored link

通天橋からの紅葉の絶景で大混雑の東福寺。

いくら広大な境内とはいえ、1日3万人以上ではどうにもなりません。

今年はとうとう通天橋での写真撮影が禁止されました。

東福寺公式サイト:写真撮影につきまして

11月12日(土)〜30日(水)迄は混雑が予想され、通天橋、臥雲橋の上での撮影は大変危険ですのでご遠慮ください。詳しくはこちらをご覧ください。

東福寺としては12月1日からは大混雑が緩和されると予測されているようです。

参考:京都新聞 絶景「サンゴの森」 紅葉の京都・東福寺

開門前の静かな朝。通天橋の架かる洗玉澗に陽光が差すと色とりどりの木々が一斉に輝き始めた(17日、京都市東山区・東福寺)=小型無人機から 京都新聞【 2016年11月26日 08時51分 】

開門前の静かな朝。通天橋の架かる洗玉澗に陽光が差すと色とりどりの木々が一斉に輝き始めた(17日、京都市東山区・東福寺)=小型無人機から 京都新聞【 2016年11月26日 08時51分 】

東福寺の御朱印について

東福寺公式サイト:御朱印につきまして

特別拝観期間中の御朱印と朱印帳の授与につきましては、下記に記載した内容で授与させていただきます。
《授与期間》 11月1日から12月4日
《場  所》 方丈受付前スペース
《料  金》
御朱印:500円(事前に書きました手書き朱印)か、300円(事前に判子を押した用紙)のみ
朱印帳:1,500円(手書き朱印入り) ※帳面のみの販売も1,500円で販売いたしております

これによりますと12月5日からは通常に戻るようにも読めますが、別の案内では以下のようになっています。

東福寺公式サイト:御朱印のご案内

東福寺秋の看楓拝観期間中授与しております、紅葉印をおしている墨書き書き置き御朱印は授与終了となりました。(完売)
引き続き、印のみの書き置き御朱印の授与となります。
※手書きの墨書き御朱印は11月1日~12月11日迄 中止しております。
皆様のご理解とご協力お願い致します。

いずれにしても混雑と混乱を避けるためには、2016年は12月12日(月)以降に東福寺を訪れるのが良さそうです。

sponsored link