京の御朱印めぐりと御朱印帳 ~ 霊場めぐり

sponsored link

霊場めぐりに関するパネルです。

西国三十三所観音巡礼と洛陽三十三所観音巡礼がそれぞれに紹介されています。

画像クリックで拡大表示していただければ良いですが、便宜的に文章を書き出しておきます。

西国三十三所観音巡礼

日本でもっとも歴史ある巡礼行

「西国三十三所」とは、近畿2府4県と岐阜県に点在する33か所の観音信仰の霊場の総称で、これらの霊場を巡ることを巡礼といいます。では、なぜ「三十三所」なのか…。

観音様には、観世音菩薩は私たち人間を救済するときに33の姿に身を変えられると説かれており、三十三所の観音菩薩を巡礼参拝すると生きているうちに犯した罪が所梅津氏、極楽往生できるとされています。

現在日本ではさまざまな「霊場巡り」がありますが、西国三十三所はわが国で最も古いものといわれています。はじまりは奈良時代前期とされていますが、盛んになるのは平安中期のことで、花山法皇が自ら33の霊場を巡礼したことからやがて人々に広まって行きました。

第1番札所  青岸渡寺
第2番札所  金剛宝寺
第3番札所  粉河寺
第4番札所  施福寺
第5番札所  葛井寺
第6番札所  南法華寺(壺阪寺)
第7番札所  龍蓋寺(岡寺)
第8番札所  長谷寺
第9番札所  南円堂
第10番札所  三室戸寺
第11番札所  上醍醐 准胝堂
第12番札所  正法寺(岩間寺)
第13番札所  石山寺
第14番札所  園城寺(三井寺)
番外 元慶寺
第15番札所  観音寺(今熊野観音)
第16番札所  清水寺
第17番札所  六波羅蜜寺
第18番札所  頂法寺(六角堂)
第19番札所  行願寺(革堂)
第20番札所  善峯寺
第21番札所  穴太寺
第22番札所  総持寺
第23番札所  勝尾寺
第24番札所  中山寺
番外 花山院菩提寺
第25番札所  播州清水寺
第26番札所  一乗寺
第27番札所  圓教寺
第28番札所  成相寺
第29番札所  松尾寺
第30番札所  宝厳寺
第31番札所  長命寺
第32番札所  観音正寺
第33番札所  華厳寺

洛陽三十三所観音巡礼


西国三十三所をコンパクトにしたのが起源

平安時代末期、後白河天皇が広域で巡礼が困難な西国三十三所観音巡礼に代わるものとして京都に定められたのが起源とされています。室町時代には行願寺に始まり北野天満宮で結縁する三十三札所が定着するのですが、応仁の乱による札所の廃絶で衰退しました。

やがて江戸時代初期の霊元天皇によって再興され多くの人々の巡拝がありました。しかし、その後の明治維新や日清・日露戦争から太平洋戦争に到る世の中の混乱で衰退していきましたが、平成17(2005)年に復興されたのが現在の霊場です。

第1番札所 頂法寺(六角堂)
第2番札所 新京極 誓願寺
第3番札所 護浄院(清荒神)
第4番札所 行願寺(革堂)
第5番札所 新長谷寺(真如堂)
第6番札所 金戒光明寺
第7番札所 長樂寺
第8番札所 大蓮寺
第9番札所 青龍寺
第10番札所 清水寺善光寺(旧地蔵院)
第11番札所 清水寺奥の院
第12番札所 清水寺本堂
第13番札所 清水寺朝倉堂
第14番札所 清水寺泰産寺
第15番札所 六波羅蜜寺
第16番札所 仲源寺
第17番札所 蓮華王院(三十三間堂)
第18番札所 善能寺
第19番札所 今熊野観音寺
第20番札所 泉涌寺
第21番札所 法性寺
第22番札所 城興寺
第23番札所 東寺
第24番札所 長圓寺
第25番札所 法音院
第26番札所 正運寺
第27番札所 平等寺(因幡堂)
第28番札所 壬生寺中院
第29番札所 福勝寺
第30番札所 地蔵院(椿寺)
第31番札所 東向観音寺
第32番札所 廬山寺
第33番札所 清和院

sponsored link