2016年1月29日(金):醍醐寺五重大塔納経法要

sponsored link

毎月29日は五重塔の納経法要があり、この時だけ五重塔の内部を配管できます。ただし費用は1,600円が必要です。

醍醐寺の五重塔は、京都市内にある五重塔および歴史建造物で一番古いものです。

醍醐寺の公式ホームページ

五重大塔開扉 納経法要―毎月29日―

毎月29日、醍醐寺五重塔(国宝)内部において、2回の法要(約1時間ずつ)が営まれます。本法要は、醍醐天皇のご命日にあわせ行われるものです。醍醐天皇、朱雀天皇、村上天皇の顕彰と穏子皇后のお心に対し報恩感謝のご法要をいたします。

開扉法要にあわせ、写経奉納が行われ、ご写経奉納された方のみ、五重塔内部を四方の扉の外側から拝観することができます。

五重塔内部を拝観していただくには、伽藍拝観料600円と写経奉納料1000円が必要です。

◇毎月29日

◇午前10時30分~(約1時間)

◇午後1時30分~(約1時間)

◇伽藍拝観料:   600円

◇写経奉納料: 1,000円

sponsored link