京の御朱印めぐりと御朱印帳 ~ 建仁寺(風神雷神の謎)

sponsored link

JR京都駅で開催されている「京の御朱印めぐりと御朱印帳」で展示されている御朱印帳を紹介します。

今回は俵屋宗達の傑作!風神雷神の屏風で有名な建仁寺です。

建仁寺

建仁寺にある有名なこの風神雷神の屏風。実は本物ではなく高精細な複製技術によるレプリカです。ですから庫裡の入り口近くで展示されており、写真撮影など自由にできる状態になっています。

さてこの屏風、もともとは俵屋宗達が別の寺に納めたもので、そこの住職が建仁寺に持ってこられたそうですが、その辺の経緯は専門の方に譲るとしましょう。

面白いのは構図に秘められた謎といわれているものです。

緑の風神と、白の雷神は、釈迦三尊像の文殊菩薩と普賢菩薩を表しているという説です。

釈迦三尊(しゃかさんぞん)は、仏教における仏像安置の形式のひとつである。

日本では左脇侍(向かって右)に騎獅の文殊菩薩、右脇侍(向かって左)に乗象の普賢菩薩を配する例が多い。

釈迦三尊 – Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/釈迦三尊

なるほど、言われてみるとそんな感じもします。

では中央のお釈迦様は?

これには2つの説があり、本来あった中央の屏風(つまりお釈迦様のイメージが描かれた屏風)が散逸してしまっている。という説。そしてもう一つは風神の屏風と雷神の屏風を間を開けて置くことで中央にお釈迦様の存在を、見る人にイメージさせるものだとする説です。

あなたはどう思われますか?

そんなことを思い巡らしながら建仁寺の御朱印帳をいただくのも良いかもしれませんね。

sponsored link