最新の京都の御朱印関係の書籍

sponsored link

月刊「京都」の2018年1月号は京都の御朱印が特集されています。

月刊京都2018年1月号

初詣でについての情報があることに加えて、掲載されている御朱印も平成28年や29年の新しいものが多いです。

(一部に平成24年などの古いものもあります)

内容も価格も書籍を買うよりお得感があります。

ちなみに京都市内の書店だけではなく、全国の書店でも置かれていますので、一度お手に取ってご覧になってはいかがでしょうか。

内容紹介

御朱印集めのブームが続いています。神社やお寺の納経所では、ご朱印をいただくための行列もできています。お寺や神社めぐりのきっかけは、人それぞれですが、ゆっくり参拝し、その魅力にはまっていく人も多いはず。今回は、社寺詣でと御朱印を合わせて紹介。美しい御朱印帳や筆致や押し印が魅力的な朱印も掲載。また、新京極では食べ買い歩きながらの御朱印さんぽを。古くから人気の巡礼、西国三十三所、都七福神や、そのほか京都にある多くの巡礼なども案内します。

登録情報

雑誌: 104ページ
出版社: 白川書院 (2017/12/9)
言語: 日本語
ASIN: B076M46LLB
発売日: 2017/12/9
商品パッケージの寸法: 25.7 x 18.2 x 2 cm

アマゾンの月刊京都2018年1月号のページ:https://www.amazon.co.jp/dp/B076M46LLB

月刊京都2018年1月号[雑誌]

新品価格
¥770から
(2017/12/17 15:08時点)

sponsored link