新聞記者による京都朱印集め体験

sponsored link

洛陽三十三所観音巡礼

京都新聞の記者の方が京都での朱印集めを体験されて記事にされています。

1300文字弱の体験記事ですが、いずれ京都新聞社として出版など検討されているのかもしれません。

記事は京都新聞の公式サイトでも公開されていますので以下のリンクからご覧いただけます。

朱印集めブーム、人はなぜ巡るのか? 京都、記者も体験

朱印ブームと言われて久しい。立ち寄った寺や神社で朱印帳を差し出すだけでなく、古くからある巡礼コースに出掛ける人も多いようだ。朱印に人気が集まるのはどうしてか。なぜ人は巡るのか。京都市内で代表的な霊場「洛陽三十三所観音巡礼」の全ての寺院を記者が巡って朱印を集め、理由を探った。

京都新聞【 2018年02月04日 11時40分 】

日本新聞協会のネットワーク上の著作権に従い冒頭一部のみ引用させていただきました。

京都新聞の記者の方は粉雪を舞う中で巡ったそうで、記事の最後に春か秋にもう一度回ろうと結ばれています。

私も特別な理由がない限りは春まで待たれた方が宜しいかと思います。

今年の京都の2月は大学受験生(付き添いのご家族)が多く、インフルエンザの大流行、数年に一度と言われている寒波の襲来、と良いことが一つもありません。

春が待ち遠しい

洛陽三十三所観音

第1番札所 頂法寺(六角堂)
第2番札所 新京極 誓願寺
第3番札所 護浄院(清荒神)
第4番札所 行願寺(革堂)
第5番札所 新長谷寺(真如堂)
第6番札所 金戒光明寺
第7番札所 長樂寺
第8番札所 大蓮寺
第9番札所 青龍寺
第10番札所 清水寺善光寺(旧地蔵院)
第11番札所 清水寺奥の院
第12番札所 清水寺本堂
第13番札所 清水寺朝倉堂
第14番札所 清水寺泰産寺
第15番札所 六波羅蜜寺
第16番札所 仲源寺
第17番札所 蓮華王院(三十三間堂)
第18番札所 善能寺
第19番札所 今熊野観音寺
第20番札所 泉涌寺
第21番札所 法性寺
第22番札所 城興寺
第23番札所 東寺
第24番札所 長圓寺
第25番札所 法音院
第26番札所 正運寺
第27番札所 平等寺(因幡堂)
第28番札所 壬生寺中院
第29番札所 福勝寺
第30番札所 地蔵院(椿寺)
第31番札所 東向観音寺
第32番札所 廬山寺
第33番札所 清和院

なお、洛陽三十三所観音巡礼と西国三十三所観音巡礼についてはこちらをご覧ください。

京の御朱印めぐりと御朱印帳 ~ 霊場めぐり

sponsored link