2016年3月13日(火):法輪寺 十三まいり

sponsored link

よくテレビなどで紹介される京都嵐山の法輪寺の十三参り。

参拝後渡月橋を渡り終わるまでけっして振り返ってはいけない有名な言い伝えの行事です。

日付の入るご朱印は、こんな行事にはうってつけの記念になります。

十三参りとは(Wiki)

十三詣りあるいは十三参り(じゅうさんまいり)は旧暦の3月13日前後 (新暦の3月13日から5月13日)に、男女とも数え年13歳でおこなう祝いである。子供の多福・開運を祈って、小学校を卒業して、中学校に入学する春に寺社に詣でる形式が一般的。

特に京都嵯峨の虚空蔵法輪寺における虚空蔵菩薩への「十三参り」は有名である。虚空蔵菩薩は十三番目に誕生した智恵と福徳を司る菩薩とされる。これに因み別名、知恵詣りまたは智恵もらいとも云。七五三ほど全国的に一般的ではない。

参詣の帰路、本堂を出たあと、後ろを振り返るとせっかく授かった智恵を返さなければならないという伝承があって、狭い長い石段を降リ切った鳥居をくぐるまでは、または渡月橋を渡り終わるまでは周囲の誘いにも動じず後ろを振り向かないで貫き通す習俗がある(なお、お参りの前に子に教えておくことをすすめる)。

法輪寺は正式名称「虚空蔵法輪寺」

公式サイトはこちら:虚空蔵法輪寺

法輪寺では十三参りを「十三まいり」としています。

法輪寺のイベント情報のページ「十三まいり」

法輪寺のご本尊虚空蔵菩薩は、智恵・福徳の仏様として京都の人々に親しまれています。
平安時代のはじめ、幼くして帝位についた清和天皇が数え年十三歳になった折、成人の証として法輪寺で勅願法要を催したのを端緒として、成人儀礼として法輪寺の虚空蔵菩薩に詣でて智恵を授けていただく十三まいりが行われるようになりました。


現在も十三歳は人生の大きな節目とされ、十三まいりは智恵を授けていただき立派な大人になり、幸福な人生を送ることができるよう祈願する重要な通過儀礼です。
古来お写経を奉納するのがもっとも丁重な参拝方法とされていたのに習い、十三まいりをお受けいただく皆様にも漢字一字をお書きいただき、一字写経として虚空蔵様に奉納していただきます。

法輪寺の十三まいりの期間

実は、3月13日だけではなく、3月13日から5月13日までです。

また、春だけでなく、秋にも十三まいりがあります。

10月1日から11月30日までです。

そうは言いましても、3月13日に参詣できるようでしたら、是非お越しください。

sponsored link